夏の味覚

1/2ページ

辛醤油  かぐら南蛮醤油  

今回はゴツゴツしたピーマン?神楽南蛮(かぐらなんばん)を使用した南蛮醤油を作りました。 表面がゴツゴツしていて、その形が神楽面に似ている事から、その名前がついたと言われています。 新潟県の伝統的な野菜として、『長岡野菜』に指定されている野菜です。 ピリッと爽やかな辛味があります。 特に辛い部分は、種とその周囲の白い線の部分です。 抗酸化成分は何とトマトの10倍で、健康にも良いとされています。 最初 […]

金沢伝統野菜 打木赤皮甘栗(うつぎあかがわあまぐり)のポタージュ

美容と健康を守ってくれる夏が旬の加賀野菜『打木赤皮甘栗』 肉質は西洋南瓜の様にホクホクしていなく、粘土質です。 料理すると色鮮やかな色もそのままで、映える事間違いなし!です。 βカロチンの豊富な緑黄色野菜で、ビタミンEが野菜の中ではトップクラスなんです。 ビタミンCも多く含まれていて、また加熱調理しても栄養素の損失が少ないのも特徴です。 抗酸化作用が強力で、ガンや老化をぶっ飛ばし、美しく健康に長生 […]

北陸野菜 越前かわず瓜  甘酢醤油漬け  

7~9月が旬の瓜。福井県で古くから作られているかわず瓜。 漢字で書くと蛙瓜と書きます。模様がカエルに似ている事から、そう呼ばれているそうです。 主に漬物に使用されますが、甘味のある果肉は生でも食べられます。 ここでは漬物をご紹介しますが、少しアレンジし甘酢醤油で漬けました。 【材料】 越前かわず瓜 1本 食塩 2g 合わせダレ 100g (濃口醤油 30g 甘酢 30g 鷹の爪 1本 かつお出汁  […]

加賀野菜 加賀太きゅうり 簡単美味しい煮物レシピ

加賀伝統野菜15品目の中の一種『加賀太きゅうり』 4月~11月迄収穫されますが、美味しい時期はは5~6月と短い。手に入る事があれば、一度食べてみて下さい。美味しいですよ!(^^)! 味、食感は冬瓜に似ています。なので冬瓜の代わりに、加賀太きゅうりで代用してもOKですよ~ 生でも食べられますが、皮は剥いて、種を取りましょう。生の場合は塩もみすると 一層美味しく召し上がれますよ! 今回は、煮物を作りま […]

加賀野菜 金時草(きんじそう)の酢の物

加賀伝統野菜 金時草の葉の表は、緑色で裏側は紫色。その裏側の色がサツマイモの金時芋に似ている事から、金時草と呼ばれています。色鮮やかな葉物です。茹でるとツルムラサキの様にぬめりがでて、食べるとシャキシャキの食感なのが特徴的です。 旬は6月~11月 主に酢の物で食べるのが一般的ですが、天ぷらや炒め物などにもできますので、色々楽しめる野菜です。 栄養素にはミネラルやビタミン類がバランス良く含まれていま […]

無限 ソーメン南瓜

ソーメン南瓜(金糸瓜)は南瓜の一種でありますが、栄養面ではきゅうりに近く、ヘルシー野菜です。 旬は7~8月に収穫され、市場に出回ります。 特徴は加熱すると、繊維がほぐれ糸状になります。食感はシャキシャキで、味に癖が無いので、色々な料理に使えます。 ここでは、ソーメン南瓜を作りました。夏に食欲が落ちた時など、さっぱりと無限に食べられる様に仕上げました。 【材料】 ソーメン南瓜 60g ※ボイルして、 […]

夏限定 花にらのお浸し

花にらは通常のにらに比べ、甘く、シャキシャキな食感が特徴的です。 この花にらは蕾と茎を食べます。よく中華料理の炒め物に使用されますが、ここでは中華風のお浸しをご紹介します。 下の部分を手に持ち、垂れなければ新鮮な物なので、購入する時の目安になります。旬は初夏~晩夏です。 花にらは通常のにらに比べ、栄養価は低いですが、野菜の中では十分な栄養価が高い野菜です。 ビタミンCは通常のにらより多く含まれてい […]

カラフル野菜 コリンキーの料理レシピ

あまり馴染みのないコリンキーという野菜。色は鮮やかな黄色で、大きさはメロンくらい。 生で食べられる南瓜なんです。旬は初夏~夏の野菜です。 皮は南瓜より柔らかいので、すんなり包丁で切る事が出来ます。 皮も食べられますが、剥いた方がおすすめかな?! 味に癖もなく、コリコリっという食感がたまりません。生でたべるのが、おすすめですが、浅漬けや炒め物に入れる事で色鮮やかな料理になります。 値段も安く、経済的 […]

土用丑の日 夏バテ予防に うなぎ茶漬け

うなぎと言えば、うな重。  食べたい! ですが食欲があまりない時などありますよね? 土用の丑の日くらい、やっぱり食べたい。 なので、食欲がない時でもサラッと食べられる様にお茶漬けにしました。 うなぎ茶漬けを食べて、食欲増進させましょう(^^)/ 【材料】 うなぎ蒲焼 50g 蒲焼のたれ 2g ご飯 120g かつお出汁 140g 白だし 10g ※ 今回はヤマサ 昆布つゆ 白だしを使いました 薄口 […]

土用丑の日  夏バテ予防に うなぎの卵とじ

2019年 今年の丑の日は1月28日 4月22日 5月4日 7月27日 10月31日の5日あります。 何故、土用の丑の日にうなぎを食べるのか? 夏痩せにはうなぎを食べると良いとされ、体調を崩しやすい夏にうなぎを食べて栄養を摂ろうという考えがあったのです。 うなぎには、ビタミンA ビタミンB群など含まれていて、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が含まれていますので、夏バテ予防にはピッタリの食材です。 […]