健康

1/7ページ

卯の花 簡単レシピ

しっとり仕上げました卯の花のレシピをご紹介します。 材料さえ(少し多いかな笑)そろえておけば、簡単に本格的な卯の花が出来ちゃいます♪ おからとは大豆をすり潰した際に発生し、それに熱を加えて作られた物。 栄養たっぷりで、糖質は非常に低く、ダイエットのサポート役としても優れた食品なんです。 また、食物繊維たっぷりでガン予防にも期待できます。 【材料】 おから 300g 人参 50g こんにゃく 120 […]

わさび菜の胡麻和え

わさび菜のレシピのご紹介。 わさび菜の葉はギザギザしていて、ちりめん状になっていて柔らかく、わさびに似たピリッとした味が特徴です。 栄養素にはビタミンC B2 Aなどのビタミンが豊富に含まれていて老化やがんの予防効果が期待されます。 ここではわさび菜を使った胡麻和えを簡単なレシピにて、ご紹介します。 また黒ごまには食物繊維、ビタミン、アントシアニン、カルシウム、マグネシウムなどの豊富な栄養素が含ま […]

干し柿と春菊の白和え 簡単レシピ

白和えと言うと難しいと思われがちですが、ここでは簡単に作れるレシピをご紹介します。 基本的にはつぶした豆腐に白味噌、白ごま、砂糖などを加え滑らかにした物を下味をつけた野菜などと和えた料理です。 今回は干し柿と春菊を使って白和えを作りました。 干し柿は果肉を乾燥させた食品で、ドライフルーツの一種です。 果物の中では食物繊維が飛びぬけて多く含まれていて、またビタミンAも豊富なんです。 \200Pプレゼ […]

おふくろの味 里芋の煮っころがし 

懐かしの味 里芋の煮っころがしのレシピをご紹介♪ 里芋と調味料を鍋に入れ、火にかけるだけで簡単に出来るホクホクの煮っころがしです。 里芋は秋から冬にかけて美味しくなっていきます。栄養成分がたっぷり詰まった優秀な食材なんです。 効能的にはコレステロールを下げる効果や高血圧予防また肥満予防などにいいとされています。   サツマイモやジャガイモなどのイモ類の中でもカロリーが一番低く、ヘルシーな […]

オイルサーディン やみつきアンチョビキャベツのチーズ焼き

オイルサーディンの簡単美味しいレシピのご紹介。 キャベツをアンチョビで味付け、やみつき間違いなしの絶品に仕上げました。 そのまま食べても美味しく、栄養も満点(^^)/ アレンジも色々出来き、また缶詰なので長期保存もできる便利な食材です。 栄養素はDHA(血液中の中性脂肪を減らす作用)やEPA(血液をサラサラにする作用)、カルシウム(骨や歯を強化する効果)、ビタミンB2(皮膚や髪、爪を作り成長を促す […]

贅沢 秋茄子の松茸餡

秋茄子は嫁に食わすな とありますが諸説色々あります。 嫁に美味しい茄子を食べさすのはもったいないとか、体を冷やすから大事な嫁に食べさせるな また、種が少ないので、子種ができなくなるなどなど(^0_0^) 旬は6月~9月とされていますが、一番美味しい時期は秋です! 身が引き締まり、食感良く、味も凝縮されています。 茄子の栄養面でのメリットは皮に含まれている(ナスニン)で、強い抗酸化力があり、眼精疲労 […]

秋のデザート 梨のコンポート

コンポートとは、果物を砂糖水などで煮て作る、ヨーロッパの伝統的な果物の保存方法です。 甘味の少ない果物などコンポートにする事が多いようです。 簡単に言うと果物の砂糖煮です。 ワインに砂糖やハチミツなどを入れ、煮て作る事が最もポピュラーです。 暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いていますね💦 スーパーに行くと、まだスイカが並んでいますが、梨がすでに軒を並べています。私は大の梨好き […]

辛醤油  かぐら南蛮醤油  

今回はゴツゴツしたピーマン?神楽南蛮(かぐらなんばん)を使用した南蛮醤油を作りました。 表面がゴツゴツしていて、その形が神楽面に似ている事から、その名前がついたと言われています。 新潟県の伝統的な野菜として、『長岡野菜』に指定されている野菜です。 ピリッと爽やかな辛味があります。 特に辛い部分は、種とその周囲の白い線の部分です。 抗酸化成分は何とトマトの10倍で、健康にも良いとされています。 最初 […]

金沢伝統野菜 打木赤皮甘栗(うつぎあかがわあまぐり)のポタージュ

美容と健康を守ってくれる夏が旬の加賀野菜『打木赤皮甘栗』 肉質は西洋南瓜の様にホクホクしていなく、粘土質です。 料理すると色鮮やかな色もそのままで、映える事間違いなし!です。 βカロチンの豊富な緑黄色野菜で、ビタミンEが野菜の中ではトップクラスなんです。 ビタミンCも多く含まれていて、また加熱調理しても栄養素の損失が少ないのも特徴です。 抗酸化作用が強力で、ガンや老化をぶっ飛ばし、美しく健康に長生 […]

加賀野菜 金時草(きんじそう)の酢の物

加賀伝統野菜 金時草の葉の表は、緑色で裏側は紫色。その裏側の色がサツマイモの金時芋に似ている事から、金時草と呼ばれています。色鮮やかな葉物です。茹でるとツルムラサキの様にぬめりがでて、食べるとシャキシャキの食感なのが特徴的です。 旬は6月~11月 主に酢の物で食べるのが一般的ですが、天ぷらや炒め物などにもできますので、色々楽しめる野菜です。 栄養素にはミネラルやビタミン類がバランス良く含まれていま […]

1 7