新キャベツと桜海老の生春巻き

新キャベツと桜海老の生春巻き

今回は春の食材、新キャベツと新玉ねぎ、桜海老を使って、生春巻きを作りました。
春に出回るキャベツを新キャベツ又は春キャベツと言われ、冬のキャベツと比べ、巻きがゆるく、内部まで薄い緑色なのが特徴的で柔らかく、甘みがあり水水しいのでサラダなど生食に向いています。

キャベツには主にビタミンCやビタミンUビタミンKカロテンが含まれています。※赤字をクリックすると詳細がわかりますよ~。
春キャベツは冬キャベツに比べ、ビタミンCが1.3倍多く含まれています。
また、カロテンも冬キャベツに比べ約2倍含まれています。

桜海老を使う事で、より一層春を演出しました。色々アレンジできますので、ぜひ一度お試しを!

【材料】

  • 春キャベツ 40g(ボイル後の重量)
  • キュウリ 25g(千切リ)
  • 新玉ねぎ 20g(スライス)
  • 人参 10g(千切り)
  • 鶏ささみ 25g
  • 桜エビ 6g
  • 梅ドレッシング 8g(ここではQPのノンオイル梅づくしという商品を使用しました)

 

【作り方】

  1. 鶏ささみをボイルして、ほぐします。
  2. 春キャベツの葉を1枚1枚外し、約3分ボイルし、水気を拭き取り、葉脈の軸を薄くします。
  3. ライスペーパーを水で戻し、水気を拭き取り、ラップの上にしわにならない様に置きます。
  4. 3のライスペーパーの左右を、少し折り曲げます。
  5. 4に2のキャベツを置き、中央にきゅうりの千切り、玉ねぎスライス、人参千切り、鶏ササミのほぐしを乗せます。
  6. 手前に巻き込む様にしっかりと巻き、ラップでくるみます。
  7. 更に巻きすでしっかりと巻き、形を整え冷蔵庫で冷やします。
  8. 7の春巻きを冷蔵庫から取り出し、ラップを外し形が崩れない様に6カットします。
  9. 器に梅づくしをZ状に引き、綺麗に盛り付けます。
  10. 桜エビを散らし、出来上がりです\(^o^)/

※クレソンを飾れば、ちょっとお洒落になりますよ~(^^♪

※ 基本 ドレッシングはお好みの物で構いませんが、少し粘土のあるドレッシングを使って下さい。ない場合は器に引かず、小皿に入れ付けて召し上がって下さい。具材も自分なりにアレンジしてみて下さいね!