簡単〖カブの煮物 玉子餡掛け〗の作り方 冬に美味しい煮物料理

簡単〖カブの煮物 玉子餡掛け〗の作り方 冬に美味しい煮物料理

カブの玉子餡掛けの作り方をご紹介。

春(3~5月)と秋(10~12月)が旬のカブ。
春のカブは肉質が柔らかく、秋のカブは甘味があるのが特徴的です。

カブを使った料理は山ほどありますよね。
漬物に汁物、煮物、サラダに和え物と色々です。
味に癖がないので、色々使える万能野菜です❕

ここでは出汁でカブをさっと煮て、とろみを付けた簡単で美味しい煮物を作りました。

また、時短で出来ますので、ぜひお試し下さい。
ご飯のおかずにも、お酒のあてにもおすすめな料理です。

【材料】

  • かぶ 2玉
  • 玉子 1個
  • 柚子皮 適量
  • ★かつお出汁 300g
  • ★濃口醬油 30g
  • ★本みりん 30g
  • 片栗粉 6g

★こだわり尽くした芋焼酎 五百年蔵 最高です(^_-)-☆ クリックしてみてね👇👇👇

【作り方】

  1. かぶの茎の部分を切り離します。
  2. かぶの果肉の皮を剥きます。
  3. 1は長さ5mmに、2は1/6カットします。
  4. ★印の材料と3のカブの果肉を鍋に入れ、火にかけます。
  5. 4が沸騰したら、中火にし約10分炊きます。
  6. 5に串など刺して、火が入っているか確認したら取り出しておきます。
  7. 6の煮汁に3の茎を入れ、再度沸いたら片栗粉を少しづつダマにならない様に混ぜながら入れます。
  8. 7に溶き玉子を少しづつ流しれ静かに混ぜ、火を止めます。
  9. お皿に6を盛り付け、8の餡を掛け出来上がりです。