ながもの三倍酢

ながもの三倍酢

『ながも』とは『アカモク』という海藻です。秋田県では郷土食として有名です。
収穫時期は5月下旬頃からで、春を告げる海藻とも言われています。地域によって呼び名が違い、山形県では『ギンバソウ」新潟県では『ながも』と言われています。『ギバサ』とも言われています。

栄養素にはフコイダン、鉄分、ミネラルなど人間には大切なものが含まれています。
フコイダンとは食物繊維の一種で腸の調子を整えたり、免疫細胞を活性化する働きがあります。

また肝機能の向上にも効果があるとされているので、お酒を飲まれる方には、とてもいいおつまみです。
嬉しい事にノンカロリーでヘルシーな食材です。

今回はそんな『ながも』を使って、三倍酢掛けを作りましたので、レシピをご紹介します。

【材料】

  • ながも 50g
  • きゅうり 10g(1gスライス) 輪切りでも、お好みの切り方で!
  • 三倍酢 20g(酢30g 醤油10g 砂糖20gの割合で混ぜた物) ※甘さは砂糖の量を調整して下さい
  • 生姜 2g ※生姜をおろして下さい

【作り方】

  1. ボールに水を張り、ながもを揉み洗いします。※水が綺麗になるまで、数回繰り返して下さい
  2. ながもの軸は固いので、手でしごいて取り除きます。 ※先端から根元に向かってしごくと綺麗に取り除く事が出来ます
  3. 沸騰したお湯に2を少しづつ茹でます。 注:一度に大量に茹でると綺麗な緑色にならないので、気を付けて下さいね!
  4. 茹でたながもくをザルに上げ、水で冷やし、水切りします。 ※2~3日で食べきる場合は冷蔵庫で保管し、それより長く保存する場合は小分けして、冷凍保管して下さい。
  5. 4のながもをお皿に盛り、きゅうりを添えます。
  6. 三倍酢を掛けて、天におろし生姜をのせ出来上がりです。

 

さっぱりと美味しく 食べて健康になりましょう💪 味噌汁に入れたり、冷奴など 色々な食べ方がありますよ~!(^^)!