加賀野菜 金時草(きんじそう)の酢の物

加賀野菜 金時草(きんじそう)の酢の物

加賀伝統野菜 金時草の葉の表は、緑色で裏側は紫色。その裏側の色がサツマイモの金時芋に似ている事から、金時草と呼ばれています。色鮮やかな葉物です。茹でるとツルムラサキの様にぬめりがでて、食べるとシャキシャキの食感なのが特徴的です。
旬は6月~11月 主に酢の物で食べるのが一般的ですが、天ぷらや炒め物などにもできますので、色々楽しめる野菜です。

栄養素にはミネラルやビタミン類がバランス良く含まれています。特にカロテンやビタミンC、鉄分が多く含まれています。
動脈硬化の予防や血中コレステロール低下作用など期待出来る野菜です。

ここでは、先日金沢に行った時に居酒屋で食べた金時草の酢の物をコピーしましたので、手に入ったら、ぜひお試しを(^^)/

【材料】

  • 金時草 35g
  • 合わせ酢 30g (酢 20g 薄口醬油 10g 砂糖 10gを合わせた物)

【作り方】

  1. 金時草の葉を摘みます。
  2. 沸騰したお湯に1を入れ、45秒ほどボイルします。 ※ボイルし過ぎには注意して下さい 食感がなくなります!
  3. 2をザルに上げ、直ぐに氷水で冷やします。
  4. 3の水気を良く絞ります。
  5. 4を器に盛り、合わせ酢を掛ければ出来上がりです。  簡単です(^_-)-☆