海のパイナップル ホヤ酢 

海のパイナップル ホヤ酢 

そもそもホヤって何?東北地方で食べられている海産物ですが、ホヤ貝と言われる事もありますが、実は貝ではありません。
ホヤは尾索動物に分類され人間などの脊椎動物(びさくどうぶつ)に近いグルーブです。

栄養素的には、成人病予防効果があるとされる、タウリン。疲労回復、集中力を高める またガンを抑制する効果があるとされているグリコーゲンが豊富に含まれています

ホヤを苦手にする人は多いとは思いますが、本当に新鮮な物を食べると、びっくりするくらいハマる味です。
別名 海のパイナップルと言われるくらい魅力的なんです。
特に日本酒のお供には最強です。甘くなります。 本当に本当に美味しいので、新鮮なホヤを手に入れ、食べてみてください。

ハマりますよ (^^)/

【材料】

  • ホヤ 1個
  • ワカメ 10g
  • きゅうり 18g
  • もみじおろし 2g
  • ポン酢 10g

【作り方】

  1. ホヤをタワシなどで綺麗に洗います。
  2. ホヤの上にある2つの突起物の間から包丁を入れ、下側の方に切れ目を入れます。
  3. 2の切れ目から手で実を取り出します。
  4. 3の実を観音開きし、黒い部分を取り除き掃除をします。
  5. 4を1cm幅位にカットします。
  6. ホヤの殻を器にし、わかめを盛り5のホヤをのせます。
  7. きゅうりともみじおろしを添え、出来上がりです。

ポン酢を付けて、召し上がって下さい。