ふじっ子で作るイカの塩辛

ふじっ子で作るイカの塩辛

美味しいイカの塩辛の簡単レシピをご紹介します。
ここでは食塩を使用せず、ふじっ子で塩分を入れました。昆布の旨味が旨さを引き立てます。

スーパーなどでイカを購入する際、茶褐色で太っているものを購入して下さい。
色が白くなっているものは、なるべく避けましょう(^_-)-☆

イカには良質なタンパク質が豊富に含まれていて、筋肉作りの役割があります。
また、タウリンも多く含まれていて、コレステロール値を下げてくれたり、肝機能を高めてくれるので、お酒のお供にピッタリな食材と言えますね🍶 でも、飲みすぎは注意です!笑

【材料】

  • スルメイカ(大) 1杯(そうじ後の分量 約210g  肝 58g)
  • ふじっ子 20g
  • 柚子 適量

【作り方】

  1. イカのゲソごとワタ、なんこつを取ります。
  2. ワタに付いている炭を取り除きます。
  3. ゲソとワタを切り分けます。
  4. ワタを薄皮から写真の様に出します。
  5. 3のワタを包丁でスジが残らない様に叩きます。
  6. イカの身の皮を綺麗に剥き、中央に包丁を入れ開き、縦1/2カットし5mm~1cmに写真の様にカットします。
  7. 5と4をボールに入れ、刻んだ柚子皮を入れます。
  8. 6を良く混ぜ、熱した鉄串でサっと混ぜます。 ※こうすると肝臭さが簡単に抜けますよ♪
  9. 最後にフジッ子を加え良く混ぜ、一日冷蔵庫で寝かせば完成です。 ※塩気が足りない場合はフジッ子を足して下さいね(^_-)-☆

ご飯のおかずやお酒のおつまみに最高ですよ、、、ぜひお試しあれ(^_-)-☆

ゲソ、ナンコツはボイルして入れてもOKです。他の料理にでも色々使えますよ。