新じゃがの煮っころがし

新じゃがの煮っころがし

3月~6月頃が旬の新じゃがいも
皮が薄く柔らかく甘いのが特徴です。

じゃがいもの栄養素と言えば、ビタミンC。ビタミンCが豊富で免疫力を高めたり、美肌効果に期待できます。
不通のじゃがいもに比べ、何と4倍も含まれています。

今回はそんなビタミンCが豊富な新じゃがいもを使って『煮っころがし』を作りましたので、レシピをご紹介します。

簡単なので、ぜひお試し下さい。
ごはんの副菜は勿論の事、お酒のおつまみにもバッチグーですよ♬ 笑

【材料】

  • 新じゃが(小) 60個  ※ 約1500g
  • ✭水 225g
  • ✭酒 150g
  • ✭みりん 150g
  • ✭砂糖 150g
  • ✭濃口醤油 150g
  • 七味唐辛子 適量

【作り方】

  1. 新じゃがを固めのタワシ等でこする様に洗います。 ※皮は完全に剥かない様に
  2. 熱したフライパン又は鍋に油を敷き、1を焦げない様に炒めます。
  3. 2に✭印の材料を入れ、沸かします。
  4. 沸騰したら、中火よりやや弱火にし蓋をし約20分炊きます。
  5. 串などを刺し、抵抗なくスット入ればOKです。 ※固めがBESTですよ (^^)/
  6. そのまま冷まします。
  7. 冷めたら、新じゃがだけ取り出し、煮汁を火にかけ煮詰めます。 ※お好みの濃さで調整して下さい!
  8. 新じゃがと煮汁を別々に保管し完成です。こうする事でじゃがいもに必要以上に味がしみ込まないので、おすすめせす(^_-)-☆

食べる時はお皿に新じゃがと煮汁を少し流し入れラップをし、レンジで温めます。

お好みで一味唐辛子を振りかけ、召し上がって下さい(^_-)-☆