鮭缶の簡単おつまみレシピ

鮭缶の簡単おつまみレシピ

缶詰料理の紹介。骨まで食べられる魚の缶詰。サバ缶、いわし缶、しゃけ缶などありますが、今回はしゃけ缶を使った美味しい簡単レシピを紹介します。しゃけ缶のいいところは免疫力UP!強力な抗酸化物質であるアスタキサンチンが含まれています。ビタミンCの3000倍、ビタミンEの1000倍含まれています。この冬、魚の缶詰食べて、免疫力を付け、病気に負けない身体作りをしましょう💪 尚、次回はサバ缶といわし缶を使ったレシピ紹介しますので、お楽しみに✋

【しゃけ缶とほうれん草のおろし醤油掛け】

材料

しゃけ缶(マルハニチロ 内容量90gの物) 1缶

めんつゆ(創味のつゆ) 20g

水 70g

大根おろし 40g

玉ねぎ 30g

ほうれん草(ボイルした物) 50g

作り方

① まず大根の皮を剥き、おろします。ザルにのせ水気を切っておきます。※絞らず、自然に水気を切って下さい

② 鍋にめんつゆ20gと水70g、そして①の大根おろし40g入れ火に掛け、沸かします。沸騰したら、直ぐに火を止めます。 ※煮詰めると味が濃くなるので、注意です

③ ②を冷まし、冷蔵庫に入れ冷やしておきます。

④ ほうれん草を沸騰したお湯に入れ、約1分ボイルしザルに上げお湯を切り、水で冷まし水気を良く絞ります。

⑤ 玉ねぎは皮、ヘタを取り約5mm角にカットする。 ※水で洗わないでください

⑥ しゃけ缶の蓋を開け、油を切り器に盛る。 ※絞らないで下さい

⑦ ④の良く水気を絞ったほうれん草を約5㎝にカットし⑥の上に盛り付けます。

⑧ ⑦の上に⑤の玉ねぎを散らします。

⑨ ③のたれを掛け、出来上がりです。

ポイント

① 大根おろしの水気を絞らず、自然に切る事

② ほうれん草はボイルし過ぎない事と水気を良く絞る事

③ 玉ねぎは洗わない事

④ たれは冷やしておく事  以上を仕込んでおけば簡単スピードメニューになりますよ((´∀`))

余ったタレとほうれん草はかつお節をのせ、お浸しに