豚肩ロースのローズマリー焼き

豚肩ロースのローズマリー焼き

今回は香り豊かなローズマリーを使った豚肉料理のレシピをご紹介!効能としては記憶力や集中力を高める作用があるとされ、血管を強くし、血行をうながし、消化機能を高めることで新陳代謝を促進します。細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、「若返りのハーブ」とも呼ばれてます。肉料理に相性抜群なローズマリーを使った簡単レシピを書きましたので、食事にお酒のおつまみにぜひ一度お試しを!

【材料】

豚肩ロース肉 1枚(100g)※鶏肉でもOKです

食塩 1.5g

ブラックペッパー 0.5g

オリーブオイル 15g

ローズマリー 1g

にんにく 5g

【作り方】

① 豚肩ロース肉の筋を切り、食塩、ブラックペッパーを振りかける。

筋切りとは

② ビニール袋(ジップロックなど)に①を入れ、オリーブオイル、ローズマリー、にんにくを入れ密封し、全体に味がなじむ様に良く揉み込みます。

ポイント:ローズマリーは手でちぎり使用(包丁で切るより香りが出ます) にんにくは包丁の腹で潰し使用

③ ②を冷蔵庫に入れ、一晩寝かします。二晩でも大丈夫ですよ!

④ 後は両面焼き、出来上がりです。付け合わせはご自由に♬

豆知識

ポテトと肉を一緒に食べると、体にビタミンCを上手に取り込むことができます。

ステーキや煮込み料理などは塩分が高くなりがちな料理。そんなときポテトを一緒に食べれば、ポテトに含まれるカリウムが、摂りすぎた塩分を体の外に運び出す役割を果たしてくれるのでおすすめです。

ポテトのカリウムは、バナナやブロッコリーよりも多く含まれているので、肉と一緒に食べることは、減塩したい方にとっても理想の組み合わせといえます。