銀ダラの煮付け

銀ダラの煮付け

今が旬の銀ダラ🐟脂がのっていて、焼きでも、煮付けでも美味しい魚です。実は(たら)と名前が付いてますが、タラではないんです。カサゴ目ギンダラ科ギンダラ属 アイナメの仲間です。ビタミンAが非常に豊富で魚類ではトップクラスです。ビタミンAには、目の健康を支える作用、免疫力の向上、感染症を予防する効果が期待できます。ギンダラはタンパク質より脂質の多い珍しい魚です。他にサンマ、キンキ、太刀魚、うなぎ、マグロの脂身も同じです。脂質が多いので高カロリーな魚ですが、飽和脂肪酸は少なく、オリーブオイルなどと同じ一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が主体なので、体に良い脂です。動脈硬化の予防や高血圧の予防、疲労回復などの効果も期待できます。そんなギンダラで煮付けを作りましたので、参考にして下さい。

【材料】

銀ダラ 一切れ ※ タラ、カレイなど白身魚ならお好みでなんでもOKです!

煮汁 180g(かつお出汁 200g 料理酒 200g 濃口醤油 80g みりん 65g 砂糖 50g を合わせたもの)

生姜 10g(2gスライス 5枚 皮付きのまま使用)

長ネギ お好みの量(白髪ねぎ)  白髪ねぎの切り方

【作り方】

① まず、銀ダラの切り身を沸騰したお湯に入れ、直ぐに引き上げ、氷水に落とします。(臭みなどが抜けます)

② ①の水気を拭き取り、鍋に煮汁180gと生姜スライス10gを入れ、沸かします。

③ 沸騰後、中火にし落とし蓋をして、約10分炊きます。 ※ 炊き時間は味を見ながら、調整して下さい。ここがPOINTです。

④ お皿に盛り付け、白髪ねぎを添えれば、出来上がりです。

※ 牛蒡を入れると、一段と美味しくなりますよ♬ 牛蒡を入れる場合は、適当な大きさに切り、ボイルしてから、一緒に炊いて下さい。

ご飯がすすむ事間違いなし 笑!!!