冬が旬の魚 真鱈の野菜餡掛けの作り方

冬が旬の魚 真鱈の野菜餡掛けの作り方

冬が旬の魚 真鱈の野菜餡掛けの作り方をご紹介。

真鱈には良質なたんぱく質が豊富に含まれており、また、カリウム、カルシウム、リンなどミネラル分をバランス良く含んでいます。海外ではダイエット食とされています。

鱈ちりなど鍋物に最高に合う魚ですが、色々な料理に使える万能な白身魚です。
ここでは鱈を揚げて、餡を掛けた料理にしました。簡単で美味しいので、ぜひお試し下さい。
特にご飯のおかずにおすすめです(^_-)-☆

【材料】

  • 鱈の切り身 一切れ
  • 木綿豆腐 1/6丁(豆腐好きな方は多めでも👌)
  • 片栗粉 5g(真鱈、豆腐用)
  • 白菜 80g (一口大にカット)
  • 人参 10g(1枚2gくらいに切って下さい)
    ※ レシピでは、短冊切りですが、自由にカットして下さい。
  • 玉ねぎ 20g
  • ニラ 10g (長さ6㎝位に切って下さい)
  • 野菜餡 200g(水 180g 創味そばつゆ 50g みりん 10g おろし生姜 3g 水溶き片栗粉12g)
    ※ 作り方は下記参照! 水溶き片栗粉の割合は1対1です。

↓↓↓↓↓お洒落な器に盛り付ければ、美味しさ倍増\(^o^)/↓↓↓↓↓

 

【作り方】

  1. まず、野菜餡を作ります。鍋に水180g 創味そばつゆ50g みりん10g おろし生姜3gを入れ、合わせます。POINT:生姜はおろした方が美味しさ倍増です  
  2. 1を200g鍋に取り、各野菜を入れ火に掛けます。野菜に火が通ったら、ここで水溶き片栗粉を少しづつ流し入れ、全体にとろみを付けます。これで野菜餡が完成です。
  3. 真鱈切り身と豆腐に片栗粉を付け、175℃位の油に入れ、揚げます。
  4. 3の表面がカリッと揚がったら、油を切り、お皿に盛り付けます。
  5. 4の全体に野菜餡を掛け、出来上がりです。

 野菜をお好みで変えたり、真鱈を鮭やスズキなどに変えてみても美味しいので、自分なりにアレンジしてみて下さい。中華風にしたい時は、ごま油を少し掛ければ中華料理になりますよ 笑!