春野菜の代表格 菜の花のお浸しのレシピ

春野菜の代表格 菜の花のお浸しのレシピ

菜の花、新じゃが、新たまねぎなどなど、春を代表するする野菜。
ここでは菜の花のお浸しのレシピをご紹介します菜の花の旬月は2~3月ですが、地域によっては11月頃から手に入ります。
簡単で美味しいお浸し、ぜひ作ってみて下さい!

菜の花は野菜としては足が早いほうなので、保存する時は加熱してから、冷蔵保管がおすすめです
ビタミンCやミネラルが豊富な緑黄色野菜です。

【材料】

  • 菜の花 40g
  • 浸し地 25g ※かつお出汁 80g みりん 1g うすくち醤油 10gを合わせ一度沸かし冷ましたもの
  • 和からし 1g
  • 糸がき 0.5g

【作り方】

  1. 菜の花の根元の堅い部分を、少し切り落とす。
  2. 1を食べやすい長さにカットし、沸騰したお湯に入れ、茹でます。 ※ゆで時間は約1分 茹で過ぎると美味しくなくなりますのでご注意を! 
  3. 2をザルに上げ、お湯を切り、冷水に落とし、冷まします。
  4. 3の水気をしっかりと、切ります。
  5. 4を器に盛り付け浸し地を流し入れ、天に糸がきを盛り、和からしを添えて出来上がりです。

分量は調整して下さいね (^_-)-☆

↓↓↓↓↓採れたて新鮮野菜でお浸し ぜひお試し下さい