横浜発祥の鍋料理 野菜たっぷり〖牛鍋〗の作り方

横浜発祥の鍋料理 野菜たっぷり〖牛鍋〗の作り方

簡単美味しい牛鍋の作り方をご紹介

すき焼きの具材を鍋に入れて、グツグツと煮ながら食べる『牛鍋』

すき焼きとの違いを簡単に説明しますと、浅い鉄鍋で肉などを焼いて食べる料理がすき焼きで、
肉や野菜などを鍋に入れて、グツグツと煮ながら食べるのが牛鍋です。

基本的には、味そのものは変わりません❕
自宅で食べる時は、牛鍋の方が簡単に食べれて、おすすめです(^^)/

作り方は簡単(^^♪
また、ここでのレシピは牛こま肉を使用しましたので、安く作れました\(^o^)/

【材料】

  • 牛肉 150g ※小間切れを使用
  • 白菜 150g
  • 焼き豆腐 1/8×2カン
  • しめじ 20g
  • 長ねぎ 25g ※笹切り
  • 春菊 18g
  • ★かつお出汁 125g
  • ★濃口醬油 85g
  • ★本みりん 85g
  • ★上白糖 25g
  • 生姜スライス 10g ※皮ごと5g×2枚
  • 玉子 1個

🥩極上の赤身とサシのハーモニー 鹿児島やまさん牛 たっぷり1200g(^^♪

【作り方】

  1. ★印の材料を合わせておきます。
  2. 白菜は長さ8cm、幅1cmにカットし、他の野菜も準備します。
  3. 鍋に焼き豆腐と生姜スライスを入れ、白菜しめじ、長ねぎを写真の様に盛ります。
  4. 3の上全体に牛肉を盛ります。
  5. 4の中央に春菊をのせ、出来上がりです。
  6. 生玉子を添え、お召し上がり下さい(^^)/

※野菜はお好みの物でお作り下さい(^^)/