〖菜の花と浅利の酢味噌掛け〗の作り方 春の味覚

〖菜の花と浅利の酢味噌掛け〗の作り方 春の味覚

あさりの旬は2月~4月と9月~10月の2回あります。ここでは春の味覚 菜の花と浅利の酢味噌掛けのレシピをご紹介します。
浅利にはカルシウム、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラルが豊富に入っています。特にビタミンB12は貝類の中でNO1です!
ビタミンB12は神経および血液細胞を健康に保ち、全細胞の遺伝子物質であるDNAの生成を助ける栄養素です。疲労や体力低下の予防にも役立ちます。
今回は浅利をボイルし、剥いて身だけを使用しますが、ボイしたお湯は栄養と旨みが流れ出ているので、捨てずに味噌汁などにして飲みましょう。

菜の花のお浸しのレシピもかいてますので、こちらをクリックしてみてね。

【材料】

  • 浅利 20g ※剥いた身の重量
  • 菜の花 35g
  • からし酢味噌 20g  ※白みそ 100g 砂糖 40g 酢 30g 和からし 10g かつお出汁5gを混ぜ合わせた物

【作り方】

  1. 浅利の砂抜きします。 ※3%の塩水(海水位の塩分濃度)を作り、平たいバットに浅利を並べ、浅利の殻が少し出る位に塩水を張り、冷蔵庫に入れ砂抜きします
  2. 1を良く洗って、鍋に水と浅利を入れ、口が開く迄ボイルします。 ※ボイルしたお湯は捨てないで下さい。5の作業で使用します。
  3. 口が開いたら身を殻から取り外し、水で冷やします。
  4. 3の水気を拭き取ります。
  5. 菜の花を2のお湯を再度沸かし入れ、約1分位ボイルします。 ※ボイルする前に下の固い部分を1㎝程切り落として下さい
  6. 5を取り出し、水気を絞り冷まします。
  7. 6を食べやすい長さにカットし、お皿に盛り、手前に浅利を盛り付けます。
  8. 酢味噌の材料を全てボールに入れ、ホイッパーで良く混ぜ合わせます。
  9. 7に8の酢味噌を掛けて、出来上がりです。

※ 酢味噌は長芋、独活、冷奴、蒟蒻、ボイルした牡蠣などに掛けても美味しいので、色々アレンジしてみて下さいね\(^o^)/

↓↓↓↓↓濃縮された旨み 使い方色々 あると便利ですよ♬ ぜひ、お試し下さい