鴨せいろうどん(そば)

鴨せいろうどん(そば)

今日はお店で食べるのと同じくらい、美味しい鴨せいろうどん(そば)を、自宅で簡単に作れるのでレシピを公開します。せいろ、、としましたが、残念な事に我が家にはせいろがないので、お皿に盛りつけましたので、悪しからず笑。

~鴨肉の栄養と効能~

鴨肉に含まれている栄養素で代表的なものがビタミンンB1とB2、鉄分。そして人体に良い不緩和脂肪酸でデトックス効果もあります。ビタミンB群は細胞の再生や粘膜を強くしてくれる事から肌荒れ防止、肌の生まれ変わり→美肌効果に期待できます。また、疲労回復効果に抜群です。また、鉄分も豊富で冷え性の予防、改善、貧血の予防につながります。そして魚と一緒で不緩和脂肪酸が含まれています。これは何か?人が生きていくうえで欠かせない脂質の一つです。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに分けられます。飽和脂肪酸というのはバターやラード、牛脂など動物性の脂質で摂りすぎると中性脂肪、コレステロールを増加させてしまいます。不飽和脂肪酸は逆に中性脂肪やコレステロール値を調整する働きがあると言われています。まさに鴨肉はビューティーミート🍖食べたくなったでしょ?笑

【材料】

鴨ロース肉 好みの量(スーパーで切り身が売っています)

長ネギ 好みの量(筒切りと小口切り)

付け汁(水300g、創味そばつゆ80g、鶏ガラスープの素(顆粒)8g、みりん8g)

わさび 好みの量

細うどん(稲庭みたいなもの) 又はそば ※出来れば両方とも生タイプが良いそば湯が飲めるので♬

【作り方】

① 熱したフライパンに油を敷かず、鴨肉を両面軽く炒め取り出す。※半生で良い。

② ①を取り出し、フライパンを洗わずにそのまま長ネギ(筒切り)を入れ、表面が少し焼き目が付く様に焼く。

③ 付け汁の材料を鍋に入れ、①と②を加え火に掛け沸かし、沸いたら火を止める。

④ 同時にうどん(そば)を茹でて、水で洗う。

⑤ うどん(そば)の水気を切り器に盛り付け、付け汁を別の器に流しいれる。

⑥ 小皿に長ネギの小口切りとわさびを添える。※うどんの場合は七味がおすすめです!

⑦ 茹でたお湯をそば湯入れに流し入れる。

美味しい鴨せいろうどん(そば)召し上がれ(^^)/