魚料理 ご飯が進む 【サバの味噌煮】の作り方

魚料理 ご飯が進む 【サバの味噌煮】の作り方

赤味噌で作る サバの味噌煮の作り方をご紹介します。
サバやイワシなど青魚には栄養がたっぷり詰まっているのはご存じですよね!血液をサラサラにするEPA、DHA、たんぱく質、ビタミンB2が豊富に含まれています。

赤味噌にもタンパク質が含まれていて、また大豆イソフラボンも豊富に含まれています。筋肉や皮膚などの優れた材料となって健康な体を作り、生活習慣病の抑制、老化防止、美肌効果など期待されている食材です。

栄養たっぷり詰まったサバと赤味噌。しかも美味しく、安価で出来ちゃいます。
ご飯🍚も進む事間違いなし!もちろんお酒にもバッチリ合います🍶

簡単に短時間で出来ますので、お試し下さい✋

【材料】

  • 生サバ 半身1枚
  • 煮込み用だし 182g ※下記参照
  • 長ねぎ 8g ※白髪ねぎ
  • 赤だし味噌 30g

煮込み用だし:かつお出汁150g 上白糖18g 生姜8g(皮つきスライス2g×4枚) 本みりん1g  濃口醤油5g

【作り方】

  1. サバを両面熱湯で霜降りし、氷水に入れます。
  2. 1の水気を拭き取ります。
  3. 煮込み用だしの材料と2のサバを鍋に入れ火にかけます。 ※サバの皮目を上にして下さい

  4. 沸いたら灰汁を取り、中火よりやや弱火に5分炊きます。
  5. 4に赤だし味噌を溶かし入れ、落とし蓋をし約5分炊きます。 ※途中で味を見ながら時間調整して下さい

  6. 器に盛り付け、白髪ねぎを添え出来上がりです。

↓↓↓↓↓缶を開けるだけで美味しサバ味噌煮 三陸の冷たい海で育った脂ののったサバです↓↓↓