聖護院大根(しょうごいんだいこん)の煮物

聖護院大根(しょうごいんだいこん)の煮物

京都の伝統野菜『聖護院大根』
煮崩れしにくく、甘く 苦味が無いので煮物に向いています。旬の時期は10月~2月頃。
漬物の千枚漬けなどにも使われます。

聖護院大根には食物繊維がたっぷり含まれていて、腸内環境を整え便通をよくする効果や効能が期待できます。
またビタミンCも多く含まれていて、抗酸化作用があり、皮膚を健康に保ち 紫外線から肌を守ってくれる効果や効能が期待されています。

そんな聖護院大根で熱々の煮物を作りましたので、レシピをご紹介します。
ぜひ 参考にしてみて下さい(^_-)-☆

【材料】

    • 聖護院大根 2個
    • 水600g
    • 濃口醤油 130g
    • 酒 90g
    • みりん 90g
    • 砂糖 50g
    • ゴマ油 60g

 【作り方】

  1. 聖護院大根の葉の部分を切り離し、皮を剥きます。
  2. 1を食べやすい大きさにカットします。
  3. 鍋にたっぷりの水と2を入れ、火に掛けます。
  4. 3が沸騰したら中火にし、15分下茹でし冷水にとります。 葉の部分は別に茹でておいて下さい。
  5. 4の水気を切っておきます。
  6. 鍋に材料の水 濃口醤油 酒 みりん 砂糖 ゴマ油を入れ、5を入れ火に掛けます。
  7. 6が沸いたら中火にし、5分したら火を止めます。
  8. 茹でた葉を食べやすい長さにカットし、7に入れ味を含ませ完成です。

熱いのでご注意を( ^)o(^ )